移行支援事業所

Web制作が学べる就労移行支援ならデジタルハリウッドの講座が受けられるジョブトレ

デジタルハリウッドはゲーム・Web関連の専門スクールとして大変有名です。

多くのクリエイターを輩出している、Web業界に興味のある人なら聞いたことがある方がほとんどではないでしょうか?

そんなデジタルハリウッドのWebデザイナー講座を受講することができる就労移行支援事業所があります。

それは、障がい者転職支援業界No1の就労支援の「atGPアットジーピー」です。

まなみ
Web制作スキルを持っていると在宅・フリーランスなど将来様々なスタイルで仕事を持つことができます。
まなみ
働き方を自由にすることができるのは、障がい者にとってとても大きなメリットになりますね。

早速、Webスキルを身に着けることができる、就労移行支援atGPジョブトレ IT・Webの詳細を見ていきましょう。

atGPジョブトレ IT・Webは、株式会社ゼネラルパートナーズが運営をしている就労移行支援事業所です。

ゼネラルパートナーズは就労移行支援だけではなく「誰もが自分らしくワクワクする人生」をビジョンに掲げ、障がいを持つ子どものためのサービスも行っています。

障がい者のためのサービスを提供する会社としても大手のゼネラルパートナーズの就労移行支援の詳細や口コミを確認していきましょう。

しゅうた
大手ならではのメリットがありそうだね!
まなみ
支援の実績も就職サポートの実績も豊富にあるから、就労移行支援事業所探しの一つとして必ず見てもらいたい事業所ですよ!

atGPジョブトレ IT・Web公式サイトはコチラ



就労移行支援atGPジョブトレ IT-Webの詳細

atGPジョブトレ IT・Webはゼネラルパートナーズが運営をする就労移行支援事業所です。

ゼネラルパートナーズには症状に特化した就労移行支援サービスがあります。

  • シゴトライ(うつ症状がある方向けの就労移行支援)
  • リンクビー(発達障がいのある方向けの就労移行支援)
  • いそひと(聴覚障がいのある方向けの就労移行支援)
  • リドアーズ(統合失調症の方向けの就労移行支援)
  • ベネファイ(難病の方向けの就労移行支援)
  • atGPジョブトレIT・Web (WEB制作のスキルを身に着ける就労移行支援)

atGPジョブトレ IT・WebはWEB制作の技術を学びトレーニングすることに特化した就労移行支援事業所です。

atGPジョブトレIT-Webを利用している方

atGPジョブトレ IT・Webは、精神障害、発達障害、知的障害、身体障害があり、下記に該当をしている方が利用をしています。

  • 手に職をつけて活躍したい
  • 復職を希望しているプログラマー・Web制作経験者

atGPジョブトレ IT・Webは障がいの種類は特に制限がされませんが、Webに特化したトレーニングが多くなってしまうため、Web業界に興味のある方にお勧めをします。

Web業界未経験でも問題はありません。

まなみ
動画教材での学習です。字幕対応がされていないため、聴覚障害をお持ちの方は体験通所で聞き取りの確認を必ずしてください。
しゅうた
バリアフリーに対応をしていません。車いすを利用されている方など、動きが制限されてしまう可能性があります。

見学や体験入所で事業所の環境を確認をしてください。

atGPジョブトレ IT・Web公式サイトはコチラ

atGPジョブトレIT-Webの就職者数と定着率

atGPジョブトレ IT・Webの就職者数や定着率は現在公表がされていません。

2019年2月4日にオープンしたばかりということもあり、まだ実績としては出ていなのではないでしょうか?(2019年11月現在)

まなみ
atGPジョブトレ IT・Webとしては実績数は出ていませんが、同じゼネラルパートナーズの就労移行支援の就職率や定着率を参考にしてください。
参考にする
うつ症状専門の就労移行支援「シゴトライ」の口コミと評判。詳細も確認。

シゴトライはうつ症状専門の就労移行支援サービスです。 しゅうたうつ症状が出る精神障がいのある方のための就労移行支援サービスです。 シゴトライはうつ症状専門の就労移行支援事業所なので、うつ症状の再発防止 ...

続きを見る

就労移行支援atGPジョブトレ IT・Webの特徴

atGPジョブトレ IT・Webの就労移行支援の特徴を紹介します。

  • Webデザイナーのスキルが身につく
  • Web制作のすべてのスキルが身につく
  • 就職に向けた準備カリキュラムが用意されている
  • atGP転職による就職サポートがある

詳しく解説していきます。

Webデザイナーのスキルが身につく

atGPジョブトレ IT・Webの大きな特徴は「デジタルハリウッドのWebデザイナー講座」を受講することができる。ということです。

デジタルハリウッドはWeb、CG、グラフィックなどのクリエイターのほか、ディレクターやプロデューサーを育てる専門スクールです。

そのデジタルハリウッドのWebデザイナー講座を就労移行支援のトレーニングとして受講することができます。

授業は動画視聴する形になるので、安定通所などが心配な場合も自分のペースに合わせて進めることができます。

Web制作のすべてのスキルが身につく

Webサイトの企画・設計・デザイン・コーディング・公開まですべてのスキルを身に着けることができます。

Web制作のスキルを学ぶ動画講座を受講ができる就労移行支援はほかにもありますが、atGPジョブトレ IT・Webは、専門のサポートスタッフによるサポートがあるので安心です。

Web制作が学べる就労移行支援でも、Web制作に詳しい支援員がいない事業所もあるため専門のスタッフがいるのはとても心強く、疑問をすぐに解消できるのはスキルアップするためにもとても大きなポイントですね。

デジタルハリウッドのWebデザイナー講座費用(321,580円)が就労移行支援の中で受けることができます。就労移行支援は条件によりほとんどの方が自己負担なしで利用しています。

atGPジョブトレ IT・Web公式サイトはコチラ

就職に向けた準備カリキュラムが用意されている

atGPジョブトレ IT・WebはWEB制作のスキルが身につくことにスポットが当てられがちですが、就労移行支援事業所なので就労移行支援サービスを受けることももちろんできます。

atGPジョブトレ IT・Webを運営するゼネラルパートナーズは、東京・大阪で障害者就職実績がNo1の実績があります。

職業スキルだけでなく、生活リズムの安定・ビジネススキル・障がいとの付き合い方などを学ぶこともできます。

atGP転職による就職サポートがある

atGPジョブトレ IT・Webと同じゼネラルパートナーズが運営をするatGP転職のサポートにより、就職活動も安心です。

ハローワークに出されている求人だけでなく、転職エージェントの求人からも紹介を受けることができるので希望するWeb業界への就職も可能性を広げることができます。

 

atGPジョブトレIT-Web利用時の交通費

就労移行支援を利用する場合、利用期間内はアルバイトを含め就労をすることができません。

そのため、交通費の負担が大きくなってしまいます。

お住まいの自治体によって就労移行支援利用時の交通費の助成がある場合があります。自治体に確認をするようにしましょう。

自治体の助成金と差額が出てしまう場合や助成がない場合でもatGPジョブトレ IT・Webでは交通費の助成はありません。

まなみ
交通費が通所の大きな負担にならないように、助成の有無や負担しなければいけない交通費を確認しましょう。

atGPジョブトレ IT・Web公式サイトはコチラ

atGPジョブトレ IT・Webの事業所

atGPジョブトレ IT・Webの事業所は2ヶ所。渋谷と秋葉原にあります。

事業所 住所
渋谷事業所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町13番16号BNKビル2階
・JR「渋谷」駅 徒歩10分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷」駅 3a口 徒歩6分
・東急東横線・田園都市線「渋谷」駅 3a口 徒歩6分
・京王井の頭線「渋谷」駅 徒歩8分
・京王井の頭線「神泉」駅 徒歩3分
秋葉原事業所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-13-5   SSスマートビル8階
・JR・つくばエクスプレス・日比谷線「秋葉原」駅 徒歩12分
・JR・銀座線「神田」駅 徒歩10分
・都営新宿線「岩本町」駅 徒歩7分
・日比谷線「小伝馬町」駅 徒歩5分
・JR「馬喰町」駅 徒歩4分
まなみ
事業所の所在地の詳細はatGPジョブトレ IT・Webの公式ページで確認してくださいね!

就労移行支援atGPジョブトレ IT・Web まとめ

就労移行支援atGPジョブトレ IT・Webの詳細について紹介をしました。

atGPジョブトレ IT・Webはまだ開所したばかりということもあり、口コミや就労実績を確認することはできませんが、運営会社であるゼネラルパートナーズの就労移行支援事業所などの実績を見ると参考になります。

WEB制作のスキルがあれば、働き方を自由にすることも可能です。

デジタルハリウッドの授業が受けられる就労移行支援事業所であるatGPジョブトレ IT・Webへの資料請求・見学・質問は公式サイトから

atGPジョブトレ IT・Web公式サイトはコチラ




見学に行きたい就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は人それぞれ合う合わないがあるので、見学や体験を必ず行いましょう。さまざまな事業所がありますが、まずは事業所の数が多く大手といわれる事業所の見学がおすすめです。

まなみ
大手の方が実績もあり、スタッフの教育がしっかりしていて手厚くサポートが受けられる体制が整っています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは精神障害、発達障害、知的障害、身体障害、難病の方が利用しています。北海道から沖縄まで70ヶ所も事業所がある大手の企業です。LITALICOワークスのスタッフは実践的な研修により、就労移行支援に必要なスキルが総合的に身につくよう教育されています。定着率も88%と非常に高い数字です。

ミラトレ

ミラトレの運営会社であるパーソルチャレンジは、総合人材サービス「パーソルグループ」の特例子会社として、障害のある社員とともにはたらく会社です。そのノウハウから、企業が重視する「コミュニケーション能力を高める」実践的なプログラムを提供しています。高い就職実績・定着率も魅力です。

 

ココルポート(旧メルク)

就職実績・定着率も高いメルクのココルポート。最大の魅力は交通費助成とランチ応援制度により経済的な負担が少なく通えること。ドリンクサーバーも用意されているのでお茶代もかかりません。「一から自立」を理念として無理のないステップで就労に向けて準備をすることができます。

-移行支援事業所

Copyright© 就労移行支援なび , 2020 All Rights Reserved.