就労移行支援について

就労移行支援は意味がない?行っても意味がないと思う人はこんな人。

最近では、企業の障がい者の採用枠が拡大し、働きたい障がい者の職場進出を後押しするサービスも盛んになっています。

その中でも、「就労移行支援事業所」は福祉法人以外も事業を行うことができるため、新しい事業所がたくさん増えてきました。

事業所の数が増えると、利用しやすくなっていいよね!
自分に合った事業所も選びやすくなったね。でも、障がい者だからと言って必ずしも就労移行支援が意味があるとは言えないんです。

障がい者が一般就労に向けてトレーニングを行うのが就労移行支援の主な目的です。

しかし、就労移行支援はすべての障がいがある方に意味があるものではなく、状況によっては意味がない場合もあります。

就労移行支援を利用しない方がよい人・しなくても良い人

就労移行支援を利用しないほうが良い人、しなくてもよい人はこんな方です。

  • 豊富な就労経験があり、ビジネスマナーのスキルなどが身についている人
  • 利用料や交通費など費用の負担が難しい人
  • 今すぐ収入が欲しい人

就労移行支援は就労経験豊富な人には意味がない?

就労移行支援を利用するなら、就労移行支援事業所に長期的・継続的に通うことが必要です。

週1回~2回、短時間での利用も可能ですが、最終的には就労に向けて継続的に通うことも就労移行支援の目的の1つです。

就労移行支援は、「障害者総合支援法」に基づく福祉サービスなので、就労移行支援事業所は専門的な職業トレーニングを行うだけでなく、利用者の生活面にも気を配ることが求められます。

具体的には、生活リズムを整えたり、基礎的なビジネスマナーを学んだりする段階から始まり、職業訓練でその人の力を伸ばす段階を経て、最終的に就職して自立するまでを最長2年の間支援します。

就労移行支援は就労経験のない方は、就労期間が短い方などにはお勧めの支援です。

しかし、障がい者を持つ方の中には、以前に豊富な就労経験があり、基礎的なビジネスマナーは十分という方もいらっしゃいます。そうした方は、就労移行支援を利用しても意味がないかもしません。

就労経験が豊富な方は、障害者職業センターなどが提供する専門的な職業トレーニングの中から、自分に必要なものを選んだ方が効率的ですし、また、トレーニングに必要性を感じなければ、ハローワークや転職エージェントなどを利用したほうが就職に近道の場合もあります。

ただ、生活リズムがくるってしまっている場合などはリズムを整えるために就労移行支援を利用するのも1つの方法ですね。

費用がかさむ人には就労移行支援はコスパ的に意味がない?

就労移行支援を利用するには「利用料」「交通費」「昼食代」など、必要な費用があります。

就労移行支援事業所は、主に補助金で運営されていますが、利用者も利用料としてその一部を負担することになっています。

「低所得の方に配慮した軽減策」も講じられており、「障害のある方とその配偶者」の前年の収入を見て、市区町村の福祉サービス担当者が軽減策を適用すれば、利用料が無料になることがほとんどです。

配偶者と自分に前年の収入がある場合は費用がかかる可能性があるね!
就労移行支援の利用料はいくら?自己負担が必要ってホント?!

就労移行支援は、障がいを持つ方が就職をすることを目標とし生活リズムを整えたり、就労に必要なスキルを身に着けるための福祉サービスです。 そのサービスを受けられる場所が就労移行支援事業所。就職に向けて就労 ...

続きを見る

利用をする就労移行支援事業所の場所によっては交通費も負担が大きくなってしまいます。

福祉サービスにおいて、利用料は軽減されても、交通費や食費は軽減の対象ではないので自己負担することになっています。

各就労移行支援事業所や各市区町村が、交通費や食費を助成している場合があります。
就労移行支援の通所に必要な交通費は助成あり?!通所前に確認しよう。

利用をする就労移行支援事業所を決める際には、その事業所へどのように通所をするのか?という交通手段も確認しておきたい大切なポイントですね。 通所にかかる交通費は基本的に自己負担なの 就労移行支援事業所へ ...

続きを見る

助成の有無やその内容は事業所や自治体で様々です。

「月に10000円まで交通費を助成する」「通常は1食400円の宅配給食を1食100円で提供する」というようなケースがあります。

<交通費・ランチ助成がある事業所>

就労移行支援Cocorport/ココルポート(旧Melk/メルク)の評判と口コミ 交通費・昼食費助成あり

このページは就労移行支援サービス「Cocorport/ココルポート」の口コミや評判を知りたい方向けに書いてあります。 就労移行支援の基礎知識について知りたい方はコチラをご覧ください。 ⇒就労移行支援事 ...

続きを見る

就労移行支援を利用している間はアルバイトやパートを含め、就労が認められていないので本人は収入がない状態です。

就労移行支援を利用するための費用が負担となる場合、途中で退所をしなければいけなくなるケースもあります。

就労移行支援は今すぐ収入が欲しい人には意味がない?

就労移行支援サービスの利用中は、アルバイトやパートを含めて仕事をすることは認められていません。

そのため、就労移行支援を利用をしている間は収入がないことになります。

今すぐ収入が欲しい人には就労移行支援は意味がない可能性もあります。

そういう方は、「就労継続支援」を利用したほうが良い場合もあります。

就労継続支援は、「A型」と「B型」がありますが、A型は一般就労と基本的に変わりません。

一般就労と比べて時間が少し短い場合が多く、障がいを理解したスタッフにより運営されているので一般就労よりも働きやすさはあるでしょう。

給料は最低賃金が保証されています。

ただし、最低賃金が保証されているA型であっても、一般企業よりは低く作業内容も一般企業への就職に直接結び付くとは限りません。

就労移行支援を利用して意味がある人

就労移行支援を利用して意味がある人はこんな方です。

  • 安定して職場に行く自信がない人
  • 就労に向けたスキルを学びたい人
  • 就職活動や就職後のサポートを受けたい人

安定して職場に行く自信がない人

欠勤や遅刻をせずに安定して仕事ができる。ということは就職のためにとても大きなポイントです。

安定して通勤ができない、仕事ができないまま就職をしてしまうと、「就職をしては辞める」を繰り返してしまうケースが多くなります。

就労移行支援では安定して職場に行くためのリズム作り、自分の障がいをコントロールする方法、職場の人に自分の障がいを理解してもらうための方法なども学びます。

障がいに向き合いながら、コントロールをする方法を学ぶので、安定した就労につながります。

就労に向けたスキルを学びたい人

基本的なビジネススキル、パソコンのスキルなどを学ぶことができます。

事業所ごとに習得できるスキルが異なるので、事業所の見学や体験を行いましょう。

就職活動や就職後のサポートが受けられる

就労移行支援を利用している場合、就職活動もその事業所のスタッフの支援を受けることができます。

履歴書などの書き方だけでなく、合同面接会や面接の同行もしてもらえます。

また、就職後は就労定着支援を受けることができます。

多くの就労移行支援事業所が就労定着支援も行っている場合が多いため、就労移行支援事業所でサポートを受けた人に引き続きサポートを受けられることはとても心強いですね。

就労移行支援は意味がない?まとめ

就労移行支援を利用しても意味がない人を紹介してみました。

就労移行支援は、

  • 生活リズムを整える
  • ビジネスマナーの基礎を身に着ける
  • 就労に必要なスキルを身に着ける

ことを目的にしています。

障がいは持っているけれど、すぐに働ける状態にある場合は行っても意味がない可能性もあります。

また、経済的に利用料や交通費の負担が難しい場合に無理をして通っても続かない可能性も出てきます。

就労移行支援事業所を利用する期間は、最終的に長く安定して働くための準備期間なんです。
今のことより、少し先のことを考えて利用できるといいね。

でも、就労移行支援は自分自身にとって意味があるのかないのかは正直わからないところがありますね。

まずは気になる就労移行支援事業所に問い合わせて相談をしてみましょう!

就労移行支援を利用するか迷っているなら、まず気になる就労移行支援事業所に問い合わせをして見学に行ってみましょう。

そして、ご自分の状況や希望などを相談することで、就労移行支援を利用すべきなのか?それとも就労継続支援なのか?または、就職活動を再開すべきなのか?などが見えてくるはずです。

また、すでに就労移行支援を利用をして悩んでいるなら、他の事業所に移ることも考えて相談をしてみましょう。

見学に行きたい就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は事業所ごとに雰囲気やカリキュラムが異なり、人それぞれ合う合わないがあります。

複数の事業所を比較し、ご自身にあった就労移行支援を選んでください。

見学や体験は必ず行いましょう。

さまざまな事業所がありますが、まずは事業所の数が多く大手といわれる事業所の見学をオススメします。

利用者が定員に達した際には、利用開始までに時間がかかってしまうことや、他の就労移行支援事業所を紹介されることもあるようです。できれば近場の方が通いやすいですよね。

なので気になる事業所があったら早めに見学や体験を申し込みましょう。

障害者手帳がなくても大丈夫。どの事業所もウェブから簡単に申し込みできますよ。

大手の方が実績もあり、スタッフの教育がしっかりしていて手厚くサポートが受けられる体制が整っています。

ピンときた事業所があったら見学を申し込みましょう!

ココルポート(旧メルク)

就職実績・定着率ともダントツのココルポート(旧社名はメルクです)。

最大の魅力は交通費助成とランチ応援制度。経済的な負担が少なく通えますよね。ドリンクサーバーも用意されているのでお茶代もかかりません。

ココルポートの理念は「一から自立」なんです。この考え方なら、ゆっくり無理のないステップで就労に向けて準備をすることができますね。

ミラトレ

ミラトレは、総合人材サービスを手がける「パーソルグループ」のパーソルチャレンジという会社が運営しています。

パーソルチャレンジでは障がいのある社員が多く働いています。そんな会社ですから、就職先企業が重視するコミュニケーション能力を高められるプログラムが得意です。

高い就職実績、その後の定着率も魅力です。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは精神障害、発達障害、知的障害、身体障害、難病の方が利用しています。

北海道から沖縄まで70ヶ所も事業所がある大手の企業です。

スタッフは障害と就労に関する両方の知識を学び、継続的なフォローアップ研修や社内試験などを通してスキルアップを図っています。

就職後の定着率も88%と非常に高い数字です。

-就労移行支援について

Copyright© 就労移行支援なび , 2020 All Rights Reserved.