就労移行支援事業所

日本初!難病の方専門の就労移行支援【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)の詳細

このページは難病の方専門の就労移行支援【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)について知りたい方向けに書いてあります。就労移行支援の基礎知識について知りたい方はコチラをご覧ください。

【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)は難病の方専門の就労移行支援サービスです。

【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)では、難病の方が働く上で必要となる症状の管理スキルなどを身につけることができます。

現在、難病の方専門の就労移行事業所は【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)のみとなります。

【atGPジョブトレ 難病コース】をオススメする方はこのような方です。

  • 疾病を伏せて働いてきたが、今後は疾病の事を伝えて通院等の配慮がある企業で働きたい
  • 体調の事を考えると事務職を希望するが事務職の経験が無い
  • 疾病発症後、社会経験が少なく働くことに不安がある
  • どのように就職活動をしたらよいかわからない
  • オープン就労かクローズ就労かで悩んでいる
  • 治療と仕事を両立させたい

【atGPジョブトレ 難病コース】のオススメポイントです。

  • 日本初!難病の方専門の就労移行支援事業所
  • 難病の方向け専門プログラムを提供
  • 自分の疾病を理解し対策を発見できる
  • 即戦力として活躍できるスキルを学べる
  • 充実した就職サポート、豊富な企業ネットワーク
【atGPジョブトレ 難病コース】は運営会社であるゼネラルパートナーズが提供している、障がい者向け転職・雇用サービス アットジーピー【atGP】
と連携しているため就労への期待も高まりますね。

それでは【atGPジョブトレ 難病コース】の詳細をみていきましょう。

難病専門の就労移行支援【atGPジョブトレ 難病コース】

就労移行支援【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)の詳細

【atGPジョブトレ 難病コース】は難病の方専門の就労移行支援事業所です。

運営は東京に本社がある株式会社ゼネラルパートナーズ。10年以上にわたり、障害のある方向けの総合就職・転職サービスに注力してきた会社で現在は以下の事業を展開しています。

1.就職・転職支援サービス atGPエージェント

キャリアプランナーが転職希望者のご希望を丁寧に伺うことで、条件に見合った求人を一緒に探し、就職までの無料サポートを提供しています。

アットジーピー【atGP】

2.求人情報サービス atGP転職

質・量ともに業界No.1※の求人情報を提供。就職・転職希望者は求人を自由に検索・閲覧し、希望する求人企業に対して直接応募できます。※民間企業による障害者に特化した転職支援業界

3.就労移行支援事業

<atGPジョブトレ>

障がい別専門支援で「働き続ける力」が身につく「就労支援・研修サービス」を行っています。事務職で即戦力として働くための豊富なカリキュラムと、atGP転職を含む様々なチャネルを活用して、「就職後も自分らしく働き続ける」ためのトレーニングと就職サポートを行っています。

「うつ症状コース」
「発達障害コース」
「統合失調症コース」
「聴覚障害コース」
「難病コース」

<ジョブトレIT・Web>
IT・Web制作スキルの習得を専門とした就労支援・研修サービスを行っています。

4.農業生産事業

<GPアスタネ>
精神障害のある方が地域で安心安定して働ける場としてつくられた事業所(就労継続支援A型 )です。精神障害のある方が安定的な就労を目指し、しいたけの生産を行っています。

障がいのある方向けのノウハウが豊富にありそうです!
難病の方の特性や課題に詳しそうですね!

【atGPジョブトレ 難病コース】を利用している方

【atGPジョブトレ 難病コース】は難病の方専門の就労移行支援事業所です。利用する方は難病にかかり現在は仕事をしていない方になります。

若いうちに難病になり就職経験が少ない方も多く、これから自立して、長く働きたいと考えている方が多いようです。

同じ悩みをもつメンバーがそれぞれの目的を持ち、通っている就労移行支援事業所といえるでしょう。

【atGPジョブトレ 難病コース】の事業所

【atGPジョブトレ 難病コース】の事業所は東京湯島にあります。アクセスは非常にしやすいですね。

住所〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-15和光湯島ビル7階

事業所の所在地の詳細は【atGPジョブトレ 難病コース】の公式サイトで確認してくださいね!

難病専門の就労移行支援【atGPジョブトレ 難病コース】公式サイト

就労移行支援【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)の特徴

それでは【atGPジョブトレ 難病コース】の特徴を紹介していきます。

日本初!難病の方専門の就労移行支援事業所

【atGPジョブトレ 難病コース】は、日本初!難病のある方専門の就労移行支援事業所としてオープンしました。

現在、難病の方専門の就労移行事業所は、国内に【atGPジョブトレ 難病コース】のみとなります。

難病の方向け専門プログラムを提供

【atGPジョブトレ 難病コース】は難病の方向け専門のプログラムを提供しています。これらを学ぶことで、治療と仕事を両立させながら、長期的に活躍していく土台をつくることができます。

プログラム(一部)

  • 自分自身の疾病理解
  • 周囲への疾病説明の方法
  • 具体的な配慮の伝え方
就職スキルだけでなく、どんな時に症状が出てしまうのかなど症状に対する対処方法を知ることも就労に向けて必要です。

自分の疾病を理解し対策を発見できる

【atGPジョブトレ 難病コース】に通っているのは難病で苦労された経験のある方ばかりなので、みなさんと情報交換し、切磋琢磨しながら学んでいくことができます。

グループワークで難病についてディスカッションしたり、悩みを相談しあったりする中で、自分の疾病を含めた自己理解を深めることができます。

即戦力として活躍できるスキルを学べる

【atGPジョブトレ 難病コース】では、オフィスワーク(事務職)を想定した模擬職場でPCを使用する課題に取り組みます。

仕事の場面に応じたコミュニケーションや、段取りを学べるので、生きたスキルが身につきます。

充実した就職サポート、豊富な企業ネットワーク

【atGPジョブトレ 難病コース】は15年以上に渡り、障がい者の就職・転職をサポートしてきたatGP転職サービスのゼネラルパートナーズが運営しています。

就職活動の進め方から実際の活動、就職後の職場定着までしっかりとサポートしてくれます。就職先の企業とのパイプが豊富にあるのも特長です。

2000社以上の企業人事とのパイプを有効活用しながら、難病の方向けの求人を開拓しているそうです。

atGPジョブトレの定着率はなんと91.4%

下記のグラフは障がい者定着率の調査結果のグラフです。

精神障がいの方の定着率は、半年経過時点で60%程度であることと比較をすると、atGPジョブトレの定着率91.4%というのがとても高い数字であることがわかりますね。

障害者職業総合センター「障害者の就業状況等に関する調査研究2017年4月」より作成

【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)利用時の交通費

就労移行支援を利用する場合、利用期間内はアルバイトを含め就労をすることができません。

そのため、交通費の負担が大きくなってしまいます。

お住まいの自治体によって就労移行支援利用時の交通費の助成がある場合があります。自治体に確認をするようにしましょう。

自治体の助成金と差額が出てしまう場合や助成がない場合でも【atGPジョブトレ 難病コース】では交通費の助成はありません。

交通費が通所の大きな負担にならないように、事業所選びの際に助成の有無や負担しなければいけない交通費を確認しましょう。

【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ)の評判 実際に使った人の口コミは?

【atGPジョブトレ 難病コース】はまだ新しいサービスなので、評判・口コミが集まりません。

当サイトでは、【atGPジョブトレ 難病コース】を利用した方の口コミ情報を募集しております。

【atGPジョブトレ 難病コース】(旧ベネファイ) まとめ

【atGPジョブトレ 難病コース】では、難病の方が働く上で必要となる症状の管理スキルなどを身につけることができます。

しかし、就労移行支援事業所が合う合わないは人それぞれ違います。

見学・体験入所をして自分の希望するスキルが身につくか、雰囲気が自分に合っているかなどを確認しましょう。

難病専門のトレーニングだから働き続ける力が身につく【atGPジョブトレ 難病コース】


-就労移行支援事業所

© 2021 就労移行支援なび